読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひよこの珍道中

がんばれひよこ!

文鳥

ペットショップに行くと、必ず見てしまうのが、文鳥だ。子どもの頃、手乗り文鳥を育てたことがある。まだ、ヒナだったのを、アワをくちばしに入れてやって、育てた。自分が必要とされていると、ヒナがエサを求めて、一生懸命鳴いているのを見て感じた。学校ではいじめにあっていて、生きてるのが嫌になっていた。ヒナが満足して眠ってるのを見るのにやすらぎを感じた。そういう体験があったからか、文鳥をみると、憂鬱もふきとぶのだが、今日のいったペットショップには、シナモン色した文鳥がいた。文鳥には変わりないけれど、自分の好きな桜文鳥でないので、少しがっかりだった。

来春は叔母さんデビュー

先日姉から妊娠の報告があり来年春にはおばさんデビューの予定です。といっても私もいい年で、別段甥っ子や姪っ子がいなくてもおばさんって言われる年齢だったりします。当然その姉となれば既にアラフォーでかなりの高齢出産になってしまいます。初産でもるのでその点は少々心配ですし、あと子供が成人した時には既に60歳を過ぎている点に関しても大変だなぁと他人事ながらに思ってしまいました。何しろ子育ては体力が要りますし、学校行事では若いママさんたちに混じってとなると精神的にもいろいろ負担がありますね。でもまあ私としては叔母なんて可愛がるのが役目みたいなものですから気楽に可愛い赤ん坊を待ちたいと思います。

そろそろ引っ越しの準備をしなければ

今月末には家を引っ越す予定なので、今から準備を始めなければ……と思いつつ、なかなか重い腰があがりません。引っ越し先は当然ながら物が何もないので、今家にあるもので古いものはこのタイミングで捨てて買い替えようと思っているのですが、どれを捨てるかすら決まっていない状態です。とりあえず、リサイクル費用がかかる冷蔵庫やテレビなどは持っていくとして、机やカーペットは新しいものに変えたいです。カーテンはどうしようか……。それほど重いものではないので、とりあえず持っていきますが、できればこれも新調したいですね。考えるのは楽しいですが、実際にやるのは面倒です。横着なんですかね……。

普段田舎に住んでいるので・・・

普段は田舎に住んでいる私ですが、先日とある都会の駅に行きました。……どのくらい田舎かというと、まあ「動く歩道」が珍しいくらいには。もちろん乗ってみましたよ(笑)近くにメイド喫茶がオープンしたばかりみたいで、メイドさんの恰好をした女の子がチラシを配っていました。私もチラシを受け取ったら「ありがとにゃ~ん」と言われた……。うーん、新鮮。思わず、「がんばってください」と言いそうになりました。それもなんか違うよな(笑)そのチラシをみたら、フードメニューやパフェが猫やクマの形にトッピングされていてとても可愛かったのですが……。だからと言って、さすがに一人で行く気にはなりませんでした。私、おばちゃんだもん……(笑)

久しぶりのギター

今日は久しぶりにギターを弾きました。アコースティックギターなんですが、昔、山崎まさよしにあこがれてギターを始めました。簡単そうに弾いているので自分にもできるかと思いましたがそんな簡単にはいきませんね。やっぱりプロはすごすぎます。このギターは友達にもらったもので、結構いいやつみたいです。でも自分には安いのも高いのも見分けが全然つきません。確かに音は高いほうがいい音がしているような、してないような?明後日は子供の7歳の誕生日です。ハッピーバースデイの歌を弾き語りで歌ってあげようとおもっています。こっそり練習がんばります。

車のタイヤをどこで購入するか悩む

車を車検に出したら、そろそろタイヤも交換した方が良いですよと言われました。タイヤはすり減っていないので車検は通るけど、経年劣化でヒビが入っているとのこと。購入した時からずっと交換していないので、自分でも換え時なのかなとは思っていましたが結構痛い出費です。とりあえず車検だけ通してもらって、タイヤは後で検討することにしました。ディーラーで交換するよりも車用品のお店で交換した方が安いような気がするからです。ディーラーの人はお店で交換しても交換料がかかるから同じくらいの値段になるといいますが、どうでしょう。交換料高いのでしょうか。

言葉なんて必要ないんです?!

先日ふらりと神戸に遊びに行ったとき、中華街のお土産屋さんで面白半分に色々なお茶を買いました。商品の説明とパッケージに中国語で『脂肪』とか『便秘』とか『痩身』…みたいな事が書いてあったひとつを、それで悩んでいる友達に渡そうとしたのですが、『ちょっとコレ危険じゃない?』と半笑いの彼女。説明文がちゃんと読めないとやっぱり不安かしら?と思い聞いてみると『…読めなくても、この絵がすでに物語ってるじゃない。』彼女の指差す先には、物凄いスピードで下る直滑降スキーヤーが描かれていたのです。確かに、これじゃ恐ろしくて飲む気にはなれないわね…。